A style music

記事一覧(6)

私の好きな作曲家

こんにちは A style musicのAyanoです♪いつもピアノのことばかり書いているので今日は私の好きな作曲家についてちょこっと書いてみようと思います。私はプロフィールに書いている通り4歳からピアノを始めました。ただ本気でピアノに火がついたのが少し遅めで中学生ぐらいだったと思います。高校生の頃は通学時間が 片道1時間あったのでその往復2時間でいろんなクラシック音楽を聞きましたドビュッシーのベルガマスク組曲から始まり版画や映像・・ラフマニノフの音の絵、ソナタ、楽興の時チャイコフスキーのグランドソナタショパンのエチュード集、ソナタなどなど、書き始めるとキリがありません 笑そしてちょうどその頃 “のだめカンタービレ”のドラマが放送されていてのだめからも沢山の曲を学びました^^(刺激もいっぱいもらいました♪)好きな曲を語り出したらキリがないのですが作曲家に絞ると私はラフマニノフが大好きです♪ロシアの広い大地が思い浮かぶようなどっしりとした重厚感と陰鬱な雰囲気複雑に絡み合ったメロディーが最高です(←食レポみたいになってる 笑)ソナタはもちろん、あの有名なピアノ協奏曲2番も大好き♡特に前奏曲集は大学の卒業試験で演奏したので曲を聴くといろーんな思い出が(本当に色々な・・笑) 蘇ってきます 笑好きな曲を聴いていい気分に浸ってる時に「私って本当に音楽好きなんだな〜」としみじみ感じます^^そして大好きな音楽を伝える仕事を続けることが出来ることにすごく感謝してます♪きっと私の所にレッスンに来てくれている生徒さんも同じぐらい音楽好きなんだろうな〜♪ぜひレッスンに来られる時には好きな曲を教えてくださいね♪

ピアノは買った方がいいの?

こんにちはA style music のAyanoです。9月になりましたね〜!こないだ8月になった気がするのに・・・今年の夏は慌ただしくも楽しい時間を過ごすことが出来ました♪とは言っても、いつも通り仕事中心の毎日だったかな 笑皆さんの2018年の夏はどうでしたか??さて、ピアノをこれから始められる方からよく「ピアノ ってやっぱり買った方がいいですか?」とよく聞かれます。これに関しては金銭的な問題もあるので強制はしていないのですがやはり手元にあった方がいいと思います。というのもレッスン = 練習の場・復習の場となってしまってはせっかくのレッスン時間が少し勿体無い気がするのです・・。私のレッスンは基本的に趣味の方を対象にしているので「絶対ここまでやってきてください!」というような圧のある(笑) レッスンではなく生徒さんも働いている方が多いので、練習出来なかった時は一緒に練習する事もあります。ただそれが癖になってしまうと同じ曲をながーく取り組むことになったり、弾けない箇所はいつまでも弾けないままでモチベーションが保ちにくくなると思うのです。レッスン前に少しだけでも復習すれば多くの曲数をこなす事が出来て、弾きたい曲も弾けて生徒さんにとっても有意義なレッスンになると思います。なのでお家での復習用にあった方が良いと思います♪ただ、いきなり高価なアコースティックのピアノを買う必要はありません!アコースティックピアノは中古のものでも状態の良いものを買おうとするとピアノ+配送費なども入れると40万以上はかかってきます。なので初心者の方には机の上におけるキーボードや部屋の壁沿いに置ける電子ピアノをオススメしています。キーボードなら大体2〜3万電子ピアノはメーカーによっては4〜5万あたりで購入できます^^(今はインターネットの方が安いかも)始めはこれぐらいのもので十分です^^いきなり高価なピアノを買う必要はないです♪もし、買うものに困られたときは相談に乗ることも出来るのでわからないことや疑問はどんどん聞いてくださいね^^

ピアノ が上手になる方法

こんにちは A style musicのAyanoです。昨晩は台風でしたね。でも家の中にいてたのでいつの間にか過ぎ去っていて・・先日の豪雨のように被害が拡大しないことを良いですね。。>_<さて「あんな風にスラスラ指が動くようになったら素敵だなぁ。。。」「ピアノってどうやったら上手になるんだろう?」その答えはシンプルで・練習すること・続けることこの2つだけ!勉強もスポーツもピアノもみんな一緒です♪もちろん進度や飲み込みに個人差はありますがゆっくりとでも前進する方は必ずお家で練習して来られます。1日30分・週に3回30分ずつと決めてそれを実行していく。すごくシンプルなことなのですが、それが結構難しかったりするんですよね 笑ピアノの少し辛いところは1人で練習するところ です。他の楽器みたいに アンサンブルとかが出来たらみんなで作り上げるのが楽しかったりするのですがピアノは練習〜完成 まで1人でやっていくので 少し孤独な楽器でもあります(^^;ただせっかくお金を支払ってレッスンを受けるからにはその45分はとても有意義なものにして頂きたいなと私は思っています♪上達の過程で自分が本当に上手になっているのか? 自分ではよくわかないことが多いのでレッスンでは「ここが上手になりましたね」と明確に伝える事を意識しています。(1人練習が足りない場合はきちんと言いますが 笑)「できた!」という経験を積み重ねることで 楽しくピアノを続けてもらうのが一番です!ということで毎日コツコツ頑張りましょう♪

初心者でも大丈夫?

こんにちはA style music のAyanoです。もうすぐお盆やすみに入りますね。先日友人が「旅行のことばかり考えて 仕事に身が入らない」と言ってました 笑私は実家に帰ろうかなと思っていますが皆さんはどう過ごされますか?さて、体験レッスン申し込み時によくある質問の中で「全くの初心者ですが大丈夫でしょうか?」と質問を頂く事がよくあります。答えは 『全く問題ありません ^^』初心者の方でもゆっくり自分のペースで学んでいただきたいと思っています。具体的に言うとまずは鍵盤のドレミの位置を覚える・指番号を覚えるそして 初心者向けの楽譜を使用してまずは弾いてみるところからレッスンを始めています。そして、ピアノに慣れてきたら生徒さんが弾きたい曲・弾いてみたい曲があればそれにチャレンジしてみる。もし、弾きたい曲の原曲が難しいのなら簡単なアレンジのものを弾いてみたり・・(私がアレンジするのも可能です^^)という風に ‘自分なりの目標’ をしっかりと持って続けていってもらえればと思っています。(ただし、レッスンを受けたからといって魔法がかかったように上手になるわけではなく上手になるためには、もちろん継続と自宅での復習は必要です。)仕事や家事で上手く時間を取れない事もあるかと思いますが1曲1曲丁寧に取り組み” 何が出来るようになったか ” にフォーカスして前向きに取り組んでもらえれば少しずつ上達していくはずですなので最初の一歩を踏み出してみてくださいね♪また、別の機会にピアノ経験者の方のレッスンの進め方についても書こうかと思います^^Ayano

どうして大人のレッスン?

こんにちは!A style musicのAyanoです。あっという間に8月になり 毎日暑いですね〜。あまりの暑さに起きてすぐクーラーをつける癖がついてしまってこれもあんまり身体にはよくないのかな…とちょっと反省する毎日です。さて 大人レッスンを始めてもうすぐ4ヶ月が経とうとしています。私がなぜ子どもではなく大人のピアノレッスンを始めてみようと思ったのか?それはシンプルにピアノに憧れを持つ大人が多いのに対して大阪では大人のためのピアノレッスンがとても少なかったからです。(大人OKの教室もありますが、多くの場合成人男性は不可です。)小さな頃に親や兄弟の影響で家にピアノがあってピアノに触れる機会があった方は、ピアノレッスンがどんな雰囲気なのかはご存知かと思いますがピアノに触ったことがない・ピアノという環境が今までなかった人にとってピアノレッスンというのは少し敷居が高く 憧れの気持ちはあっても踏み出しにくいものですよね。そして多くの教室は年間〇〇回レッスン、月◯回レッスンの月謝制が多く仕事や家庭で忙しい大人には少々通いにくいシステムになっています。そこで大阪の中心地でリーズナブルで男女関係なく初心者でもブランクのある経験者でも自分のペースで通える大人ピアノレッスンを始めてみることにしました。仕事と仕事の合間に策を練り宣伝をしてみたりレッスンを試行錯誤する事を繰り返した結果予想よりも沢山のお問い合わせをいただき 皆さん自分のペースで楽しくピアノを続けてもらっている事をすごく嬉しく思っています。そして私も指導者として 毎日学ばせていただいて成長する日々です!まだまだこれからですがこれを機により多くの人とピアノが弾ける楽しみをシェアしていく事を目標に活動していこうと思います。Ayano